まずはショールームを見学しよう

自宅のリフォームを行いたいと考え始めたら、おすすめしたいのがショールームの見学です。設備建材を事前に見ることによって、サイズなどをチェックできる上に、をどのようにりフォームしていきたいのかのイメージを固めることもできます。

見学に必要なもの

  • 自宅の図面
  • 自宅にある家具・スペースの寸法を測ったメモ
  • リフォーム箇所の写真
  • メジャー
  • 筆記用具
  • カタログを入れる袋やバッグ

今よりも住みやすい家に!住宅をリフォームしよう

リフォーム工事

マンションも使いやすくリフォーム

一戸建ての住宅だけでなく、マンションでもリフォームして使いやすく変えていくことは可能です。ただ、マンションリフォームの場合には、水回りなどのリフォームを行うには制限などもありますので、事前に管理会社に確認を行っておく必要があります。

リフォーム工事

中古マンションをリノベーション

中古で購入したマンションの場合には、リノベーションを行うことによって、新築よりも住みやすい空間を作ることが可能です。リノベーションを専門的に行っている業者に依頼をすれば、施工後もしっかりとアフターフォローをしてくれますので、安心して長く住み続けることができます。

リフォームした際に設置してよかったものは?

作業員
no.1

宅配ボックス

一位は、荷物を受け取れない場合にも安心の宅配ボックスです。電気工事なども不要なので、簡単に設置ができます。サイズも色々とありますが、割とコンパクトな物であっても缶飲料1ケース分を入れることができます。

no.2

清掃機能付きトイレ

二位は、面倒な掃除の手間を省いてくれる清掃機能付きトイレです。毎日使うものなのですぐに汚れてしまいますが、流すだけで自動で泡が流れてきれいにしてくれるので、自分で掃除をするストレスも軽減されます。

no.3

室内干しユニット

天気の悪い日や外に干せない場合に便利なのが、部屋干しをするときに便利な室内干しユニットです。スペースを取らない天井付けタイプが人気で、使わない場合にはしまっておくことができます。

no.4

センサー付きのスイッチ

自宅に帰宅した時に、自動で電気がつくと手が離せない時などにはとても便利です。また、トイレに設置すれば、夜でも暗がりの中電気をつけなくていいので、子どもでも怖がらずにトイレに行くことができると評判です。

no.5

シーリングファン

リビングなどでエアコンを使用する場合、冷暖房の効きが意外によくないことがあります。シーリングファンによって冷風や暖気を、部屋中に均一に拡散させることができます。取り付けたことで、体感温度も変わってくるので節電にも効果があります。

広告募集中